コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東悌次郎 いとう ていじろう

1件 の用語解説(伊東悌次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東悌次郎 いとう-ていじろう

1854-1868 幕末の武士。
嘉永(かえい)5年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)白虎(びゃっこ)隊士。藩校日新館にまなび,馬術にもすぐれ,隣家の山本(新島)八重子に銃法の訓練をうけた。慶応4年会津戦争に出陣,8月23日戸ノ口原で新政府軍に敗れ,負傷した池上新太郎をたすけ,おくれて飯盛山にたどりつく。すでに自決した同志の姿をみて自刃(じじん)したという。15歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東悌次郎の関連キーワード戊辰戦争安政箱館奉行川路聖謨河津祐邦福沢諭吉長崎(市)日本科学史日本資本主義藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone