コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東貫斎 いとう かんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東貫斎 いとう-かんさい

1826-1893 江戸後期-明治時代の蘭方医。
文政9年5月19日生まれ。緒方洪庵(こうあん)の門をへて,伊東玄朴(げんぼく)の娘婿となる。紀伊(きい)和歌山藩医ののち,安政4年幕命により伊豆(いず)下田詰となり,重病のアメリカ総領事ハリスを治療した。幕府奥医師,西洋医学所教授,大典医を歴任。明治26年7月28日死去。68歳。武蔵(むさし)府中(東京都)出身。本姓は織田。名は盛貞。字(あざな)は文仲。通称は貞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊東貫斎の関連キーワード明治時代蘭方医

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android