コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東重門 いとう しげかど

1件 の用語解説(伊東重門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東重門 いとう-しげかど

1650-1669 江戸時代前期の武士。
慶安3年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士古内重広の子。奉行(家老)伊東重義の養子。藩主伊達亀千代(綱村)の後見役伊達宗勝(むねかつ)の専横を幕府にうったえた伊東重孝にくみし,寛文8年宗勝殺害の企てが発覚,登米(とめ)郡の寺池城に幽閉された。翌9年7月17日同地で死去。20歳。通称は采女(うねめ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東重門の関連キーワードシャクシャイン石田未得カッシニお蔭参りウェールズ文学高温ガス炉ドイツ語ピカレスク小説悪漢小説朝鮮人遺骨問題

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone