コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東重門 いとう しげかど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東重門 いとう-しげかど

1650-1669 江戸時代前期の武士。
慶安3年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士古内重広の子。奉行(家老)伊東重義の養子。藩主伊達亀千代(綱村)の後見役伊達宗勝(むねかつ)の専横を幕府にうったえた伊東重孝にくみし,寛文8年宗勝殺害の企てが発覚,登米(とめ)郡の寺池城に幽閉された。翌9年7月17日同地で死去。20歳。通称は采女(うねめ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊東重門の関連キーワード伊東采女

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android