コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊福吉部徳足比売 いおきべの とこたりひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊福吉部徳足比売 いおきべの-とこたりひめ

?-708 飛鳥(あすか)時代の女官。
因幡(いなば)(鳥取県)法美(ほうみ)郡から朝廷に出仕した采女(うねめ)。慶雲(きょううん)4年従七位下となり,和銅元年7月1日死去。3年火葬にされ故郷に埋葬される。安永3年(1774)宮下村(岩美郡国府町)で蔵骨器(重要文化財)が発見された。氏は「いふきべ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊福吉部徳足比売

没年:和銅1.7.1(708.7.22)
生年:生年不詳
7世紀後半から8世紀にかけての地方豪族の女性。因幡国法美郡(鳥取県東部)の郡司の娘。采女として墓誌文武天皇の宮廷に出仕していたらしく,慶雲4(707)年従七位下に叙せられる。翌年没したが和銅3(710)年10月火葬され,故郷(鳥取県岩見郡国府町宮下)に埋葬。安永3(1774)年,墓誌が刻まれた銅製の蔵骨器が発掘され有名になった。その後,銅器は改葬,再発掘を経て国の重要文化財として東京国立博物館蔵。延暦3(784)年作成の『因幡国伊福部臣古志』に徳足比売の名はみえないが,第27代国足臣は兄弟か。<参考文献>佐伯有清「伊福部臣氏の系図」(『古代氏族の系図』)

(児島恭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

伊福吉部徳足比売の関連キーワード鳥取県鳥取市国府町宮下伊福吉部徳足比売墓誌鳥取藩主池田家墓所国府(鳥取県)鳥取(市)国府[町]因幡山あすか女官

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android