コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊能嘉矩 いのう かのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊能嘉矩 いのう-かのり

1867-1925 明治-大正時代の歴史学者,人類学者。
慶応3年5月9日生まれ。坪井正五郎に師事。明治28年台湾総督府雇員となり,地誌,民俗などを調査。その研究は没後「台湾文化志」などにまとめられ,台湾研究の資料となった。大正14年9月30日死去。59歳。陸奥(むつ)遠野(岩手県)出身。岩手師範中退。字(あざな)は梅陰。号は蕉鹿夢。著作に「遠野方言誌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊能嘉矩

没年:大正14.9.30(1925)
生年:慶応3.5.9(1867.6.11)
明治大正期の台湾研究の先駆者。明治18(1885)年岩手県遠野町より上京,二松学舎に学ぶ。19年岩手師範に給費薦挙生として入学,22年教官に反抗し退学。再上京し,新聞編集に従事。26年東京人類学会に入会し,坪井正五郎に就き人類学を修めた。28年11月陸軍省雇員として台湾に渡り,台湾総督府雇員を命ぜられ「人類学的知識を教育に応用する為」台湾の歴史,地理,民俗を調査。39年1月帰国後も台湾と郷土の歴史などを研究。佐々木喜善を導き,柳田国男とも親しく交わった。代表著書『台湾文化志』(1928)は台湾史学研究の一級史料と評価される。<参考文献>森口雄稔編著『伊能嘉矩の台湾踏査日記』(1992,台北)

(森口雄稔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのうかのり【伊能嘉矩】

1867‐1925(慶応3‐大正14)
台湾研究の先駆者。岩手県遠野の人。字は梅陰,号は蕉鹿夢。岩手師範中退。坪井正五郎に人類学を学ぶ。1895年11月日本の台湾占領直後に渡台,1905年末まで在留。10年間にわたって台湾に関する地理,歴史,〈蕃地〉事情の調査研究に従事。主著に《台湾文化志》(1928),《領台十年史》《大日本地名辞書(台湾之部)》などがある。【戴 国 煇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊能嘉矩の関連キーワード伊能 嘉矩大正時代石神問答

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊能嘉矩の関連情報