コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本地名辞書 ダイニホンチメイジショ

3件 の用語解説(大日本地名辞書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいにほんちめいじしょ【大日本地名辞書】

地名事典。6巻7冊。吉田東伍著。明治33~40年(1900~1907)刊。日本各地の地名を、旧国郡の区分により配列し、その由来・史跡・地形などを解説。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいにほんちめいじしょ【大日本地名辞書】

歴史地理事典。六巻。吉田東伍著。1900(明治33)~07年刊。国郡の区分に従って、地名の由来・史跡・事物・地形などを記す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本地名辞書
だいにほんちめいじしょ

吉田東伍(とうご)著、日本地名の最初・最大の辞書。冨山房(ふざんぼう)発行。1900年(明治33)3月第1冊上を刊行。07年8月に第5冊下に至るまで13年を費やして完成。通巻5180ページ、各説部(地名部)4752ページ、汎論(はんろん)・索引部428ページ、日本全域の約4万地区を対象とする。全国を道、国、郡の順に配列し、各郡内はまた『和名抄(わみょうしょう)』の「郷」に分けて説述している。郷は古代・中世の開発地域としてまとまりをなすことによる。
 本書は「地名辞書」と題しているが、その内容は巻頭の序言にみられるごとく「地誌」であり、地名を索引しやすい体裁をとっているので地名辞書としたのである。その記載は歴史地理に重点を置いており、著者も序言でそれを述べている。このことは、本書がまた日本歴史地理学の先駆書とされるゆえんでもある。その記載内容は、郷内の山、川、野、津、潟、寺社、島、谷、滝、城址(じょうし)等と主要村落の起源、耕地(田数)について説いている。それらの史・資料としては六国史(りっこくし)をはじめ中央的史書、地方誌・地方名跡志等にわたり、精細を尽くしているが、自然や産業関係の記載は多いとはいえない。また冒頭に日本歴史地理学会長蜂須賀茂韶(はちすかもちあき)をはじめ大隈重信(おおくましげのぶ)、原敬(たかし)らの政界人、重野安繹(しげのやすつぐ)、久米邦武(くめくにたけ)ら学界人、渋沢栄一ほか財界人等27氏から序文、推薦文等が寄せられている。もって各界・各層をあげての待望の名著であったことが知られる。[浅香幸雄]
『吉田東伍著『増補 大日本地名辞書』全8巻(1969~71・冨山房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日本地名辞書の関連キーワード吉田東伍花伝書大日本人名辞書類聚名物考吉田正秋蘆田伊人亀田東伍高橋義彦吉田東篁越佐史料

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone