コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤宇多 いとう うた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤宇多 いとう-うた

1733-1806 江戸時代中期-後期の商人。
享保(きょうほう)18年生まれ。名古屋のいとう呉服店7代祐潜(すけゆき),8代祐清,9代祐正と結婚したがいずれも死別。前名の喜代から宇多に改名しみずから10代をつぐ。宝暦13年祐恵(すけよし)と再婚,夫に家督をゆずる。明和5年11代祐恵は江戸の松坂屋を買収,江戸進出をはたす。文化3年1月24日死去。74歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は佐々部。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊藤宇多の関連キーワードアウグスト(2世)ポーランド史賀茂真淵(かもまぶち)ザクセン伴蒿蹊ナポリ王国天野信景アウグスト[2世]クラシェニンニコフサッケリ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android