コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤東所 いとうとうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤東所
いとうとうしょ

[生]享保15(1730).京都
[没]文化1(1804)
江戸時代後期の古学派の儒学者。伊藤東涯の子。家学を受け,子弟を教育した。著書『古学十論』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤東所 いとう-とうしょ

1730-1804 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)15年8月24日生まれ。伊藤東涯の3男。7歳で父をうしない,叔父の伊藤蘭嵎(らんぐう)にまなぶ。寛延4年祖父仁斎のひらいた家塾古義堂をつぐ。古義学を広い階層にわたる門弟につたえ,父の遺稿の刊行につとめた。文化元年7月29日死去。75歳。京都出身。名は善韶(よしつぐ)。字(あざな)は忠蔵。著作に「詩解」「古義抄翼」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤東所

没年:文化1.7.29(1804.9.3)
生年:享保15.8.24(1730.10.5)
江戸中期の儒学者。名は善韶,字は忠蔵。東所は号,別号施政堂。諡号修成先生。父は東涯,母は倉。京都出身。3男だが,長兄,次兄が夭折したので古義堂3代目塾主となる。東涯が死去したとき,東所は7歳。叔父蘭嵎が後見となって育てた。東所は『紹述先生詩文集』など東涯の遺著を校訂,出版することに努力。『古義抄翼』など独自の著作も多く,古義学説を平易に理解させることに努めたが,学説上の新説に乏しい。すべて未刊。茄子が嫌いで母の料理したものを呑みこむのに苦労したという。<参考文献>南部絹代「伊藤東所の思想」(『日本思想史への試論』)

(三宅正彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊藤東所 (いとうとうしょ)

生年月日:1730年8月24日
江戸時代中期;後期の儒学者;三河挙母藩士
1804年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の伊藤東所の言及

【操觚字訣】より

…江戸中期の儒学者,伊藤東涯の著した字書。子の伊藤東所が編成,10巻。補遺5巻は,村山徳淳の増訂。…

※「伊藤東所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊藤東所の関連キーワード佐々木利綱桜井東亭野村西巒河田東岡十時梅崖生年月日武田三益仙石久行上田元冲牧野忠精十時梅厓伊藤東里操觚字訣勝島翼斎伊藤東峯伊藤輶軒儒者

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android