コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤澹斎 いとう たんさい

1件 の用語解説(伊藤澹斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤澹斎 いとう-たんさい

1699-1764 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)12年3月21日生まれ。伯父の伊藤好義斎にまなんでその養子となる。室鳩巣(むろ-きゅうそう)にも師事し,のち「鳩巣先生文集」を編集,刊行。石見(いわみ)(島根県)浜田藩主松平家の扶持(ふち)をうけた。明和元年9月21日死去。66歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は貞。字(あざな)は智量。通称は貞右衛門。別号に悠哉。姓は伊東ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊藤澹斎の関連キーワード一如上人中島川根本武夷岩井半四郎根本武夷落語鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ浮世絵

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone