コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達正男 ダテマサオ

デジタル大辞泉の解説

だて‐まさお〔‐まさを〕【伊達正男】

[1911~1992]野球選手・指導者。大阪の生まれ。早大では捕手投手として投打に活躍。卒業後は社会人野球チームの全大阪に入り、都市対抗野球でチームを優勝に導く。戦後、同球団の選手兼任監督。阪急ブレーブスオリックス前身)のピッチングコーチも務めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達正男 だて-まさお

1911-1992 昭和時代の野球選手。
明治44年2月25日生まれ。早大に入学した昭和3年春,4割6分9厘で初の新人首位打者。捕手から投手に転じ,6年春の早慶戦で3連投の剛腕で注目される。9年の都市対抗でオール大阪のエースとして4試合完投し,優勝。戦後,アマチュア野球界の発展につくした。平成元年野球殿堂入り。平成4年8月30日死去。81歳。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊達正男の関連キーワード昭和時代伊達

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android