コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見とうがらし

1件 の用語解説(伏見とうがらしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

伏見とうがらし

京都府京都市で生産されるトウガラシ。長さ10~15cm程度と細長い。やわらかく、辛みは少なめで、焼きとうがらし、てんぷらなどにして食する。葉は佃煮になる。来歴不詳だが、江戸時代にはすでに栽培の記録がある。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伏見とうがらしの関連キーワード甘とう美人大田原トウガラシ島とうがらし杉谷とうがらし田中とうがらし内藤唐辛子ひもとうがらし弘前在来トウガラシ万願寺とうがらし紫とうがらし

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伏見とうがらしの関連情報