コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休学(読み)キュウガク

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐がく〔キウ‐〕【休学】

[名](スル)学生・生徒が在籍のまま学校を長期間休むこと。「病気で一年間休学する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうがく【休学】

( 名 ) スル
学生・生徒が病気などの理由で、届けを出して長期間学校を休むこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

休学
きゅうがく

学校に在学する学生生徒等が、病気その他の理由により、校長の許可を受けて一定期間授業を受けないことをいう。休学の許可は校長等が行う(学校教育法施行規則94条・113条・144条・181条)。校長は休学の理由により、適正な期間を定めて許可し、その期間が満了したときには、特段の事情のない限り、速やかに原学年へ復学させる。休学中の授業料等については免除されることがある。[下村哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

休学の関連情報