特段(読み)とくだん

精選版 日本国語大辞典「特段」の解説

とく‐だん【特段】

〘形動〙 特別格別
記念碑(1955)〈堀田善衛〉「いやそれが特に(という専門語が飛び出したのはまずかった)悪いというのではないのですが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「特段」の解説

とく‐だん【特段】

特別。格段。「特段変わった点はない」「特段の配慮」
[類語]特別格別別段特殊別格例外特にスペシャル殊にとりわけなかんずくことさら殊の外ひときわ中でも分けても折り入ってわざわざせっかく格段特殊特異別にこれと言う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android