コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休浜法 やすみはまほう

防府市歴史用語集の解説

休浜法

 塩の生産調整法のことで、塩田を休ませることで塩の生産量を調整して、値段が下がりすぎないようにするために考えられました。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やすみはまほう【休浜法】

瀬戸内海のデルタ発達にともなう入浜塩田の干拓造成の進行は,1750年(寛延3)ころとなると,塩の生産過剰→塩価下落→塩田不況をもたらした。この危機打開策として51年(宝暦1)安芸国瀬戸田浜の三原屋貞右衛門が提案したのが休浜法で,それは10月~1月の間休業して労賃節約,塩価上昇をはかるものであった。60年ころには備後,安芸,伊予の休浜同盟が成立したが,まもなく瓦解した。71年(明和8)周防国三田尻浜の田中藤六が再び9月~2月の半年休業と替持(かえもち)法(1塩田の1/2または1/3を交替に操業する)を提唱し,72年(安永1)から周防,長門,続いて備後,安芸,伊予が加わり,毎年安芸の厳島で会合して規約を確認し情報を交換した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

休浜法の関連キーワード三つ一持法

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android