コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休浜法 やすみはまほう

2件 の用語解説(休浜法の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

休浜法

 塩の生産調整法のことで、塩田を休ませることで塩の生産量を調整して、値段が下がりすぎないようにするために考えられました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やすみはまほう【休浜法】

瀬戸内海のデルタ発達にともなう入浜塩田の干拓造成の進行は,1750年(寛延3)ころとなると,塩の生産過剰→塩価下落→塩田不況をもたらした。この危機打開策として51年(宝暦1)安芸国瀬戸田浜の三原屋貞右衛門が提案したのが休浜法で,それは10月~1月の間休業して労賃節約,塩価上昇をはかるものであった。60年ころには備後,安芸,伊予の休浜同盟が成立したが,まもなく瓦解した。71年(明和8)周防国三田尻浜の田中藤六が再び9月~2月の半年休業と替持(かえもち)法(1塩田の1/2または1/3を交替に操業する)を提唱し,72年(安永1)から周防,長門,続いて備後,安芸,伊予が加わり,毎年安芸の厳島で会合して規約を確認し情報を交換した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

休浜法の関連キーワード寒霞渓瀬戸内海瀬戸内海国立公園瀬戸内入浜瀬戸内法十州同盟浅野長直高崎裕士

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone