コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会期不継続の原則 かいきふけいぞくのげんそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会期不継続の原則
かいきふけいぞくのげんそく

会期中に議決に至らなかった案件は,次の会期に継続しないという原則国会の意思は各会期ごとに独立したものであるという会期独立の原則に基づく。ただし,例外として各議院で議決された案件は,委員会で閉会中も審査でき,これらは継続審査案件として次の会期での審議が可能になる。そうでない案件は会期末とともに時間切れ廃案となる。また特別委員会は,特定案件の審査のための設置を原則としているため,議院の議決により会期ごとに設置される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいきふけいぞく‐の‐げんそく〔クワイキフケイゾク‐〕【会期不継続の原則】

国会や地方議会が会期の終了によって閉会となった場合、議決されなかった案件は消滅し、次の会期に継続しないという原則。→継続審議

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

会期不継続の原則【かいきふけいぞくのげんそく】

議会の定められた活動期間(会期)中に審議の完了しなかった議案は次の会期に継続しないという原則。日本では明治憲法下の帝国議会では遵守されたが,現行国会法では例外規定がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かいきふけいぞくのげんそく【会期不継続の原則】

会期中に審議が完了しなかった案件は、その会期が終わると消滅し、次の会期に継続しないという原則。国会はこの原則をとる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の会期不継続の原則の言及

【国会】より

…議員の任期満了または衆議院の解散までの期間(立法期または議会期と呼ばれる)に一定の区切りをし,その間だけ活動することとしている。この区切りの活動期間を会期といい,議院の意思は会期ごとに独立とされ,会期が異なればその意思は継続しない(会期不継続の原則)。これは審議の能率性を高めるためである。…

※「会期不継続の原則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

会期不継続の原則の関連キーワード審議未了

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会期不継続の原則の関連情報