コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝翁品騰 でんおう ほんとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伝翁品騰 でんおう-ほんとう

1424-1492 室町時代の僧。
応永31年生まれ。曹洞(そうとう)宗。備後(びんご)(広島県)の人。丹波円通寺(兵庫県)の牧翁性欽(ぼくおう-しょうきん)の法をつぐ。郷里にかえり法悦寺を創建。のち円通寺の住持となった。延徳4年1月6日死去。69歳。俗姓は児島。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伝翁品騰の関連キーワード室町時代品騰

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android