旗雲祖旭(読み)きうん そぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

旗雲祖旭 きうん-そぎょく

1424-1492 室町時代の僧。
応永31年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)の人。越前慈眼寺の希明清良(きみょう-せいりょう)について出家。近江(おうみ)(滋賀県)新豊寺の天叟祖寅(てんそう-そいん)にまなび,その法をつぐ。武蔵(むさし)熊谷(埼玉県)の竜淵寺にまねかれて2世となり,晩年は越中(富山県)光厳寺にうつった。明応元年11月28日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android