コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝蔵(2) でんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伝蔵(2) でんぞう

?-? 江戸時代後期の漂流民。
天保(てんぽう)12年(1841)中浜万次郎らと5人で土佐(高知県)宇佐浦から漁にでたが遭難し,鳥島漂着。5ヵ月後アメリカの捕鯨船ジョン-ホーランド号に救助され,ハワイにおくられる。10年後の嘉永(かえい)4年万次郎,五右衛門とともに琉球帰着,翌年土佐にもどった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伝蔵(2)の関連キーワード中村勘三郎(11代)十寸見河東(7世)天保

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android