名案(読み)めいあん

精選版 日本国語大辞典 「名案」の意味・読み・例文・類語

めい‐あん【名案】

〘名〙 すばらしい思いつき。よい考え。すぐれた
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一〇「如何なる明按と雖も、遂に実用に効なかる可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「名案」の意味・読み・例文・類語

めい‐あん【名案】

すぐれた案。よい考え。
[類語]良案アイディア腹案原案たたき台代案対案試案懸案法案草案私案素案成案決議案愚案新案妙案

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android