コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴香竹 ばん こうちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴香竹 ばん-こうちく

1659-1732 江戸時代前期-中期の国学者。
万治(まんじ)2年生まれ。和歌にすぐれ,常陸(ひたち)水戸藩主徳川光圀(みつくに)にみとめられて彰考館にはいり,「万葉集」の注釈にたずさわる。武道にもひいでた。享保(きょうほう)17年死去。74歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。名は暢,資矩。字(あざな)は叔雄。通称は武平。著作に「印園雑草」「歌林備考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伴香竹の関連キーワード国学者万治

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android