コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低ガンマグロブリン血症 ていガンマグロブリンけっしょうhypogammaglobulinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低ガンマグロブリン血症
ていガンマグロブリンけっしょう
hypogammaglobulinemia

免疫グロブリン血症ともいう。血清中の免疫グロブリンの量が著しく少い状態。体内から多量の蛋白質が失われたり,免疫グロブリンの産生が低下した場合に生じるほか,新生児では生理的にも認められる。リンパ組織が白血病その他の腫瘍などで置き換えられた場合に起る後天的なものと,遺伝的に男児に生じる先天的なものとがある。本症では細菌感染に対する抵抗力が減退する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

低ガンマグロブリン血症の関連キーワード胸腺腫胸腺癌

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低ガンマグロブリン血症の関連情報