住友セメント(読み)すみともセメント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住友セメント
すみともセメント

セメント会社。 1907年磐城セメントとして設立。 25~43年に富国,豊国,常陸など6工場を合併。 48年うち3工場を分離し,過度経済力集中排除法の指定取消しを受けた。 49年日本最初の生コンクリートを製造開始。以後関東,中部,近畿,九州の各地区に生コン部門を設立。 50~63年に数多くの合併により発展,63年住友系列に加わり現社名に変更。 84年以降,ニューセラミックス事業,エレクトロニクス関連事業等非セメント分野に積極参入。年間売上高 1500億 1000万円 (うち輸出4%) ,資本金 416億 4800万円,従業員数 2148名 (1995) 。なお,94年 10月大阪セメントと合併し住友大阪セメントとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android