コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過度経済力集中排除法 かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう

5件 の用語解説(過度経済力集中排除法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過度経済力集中排除法
かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう

昭和 22年法律 207号。経済民主化政策の一環として,いわゆる財閥解体をはかるため制定された法律。この法律は,「平和的且つ民主的な国家を再建する為の方策の一環として,できるだけすみやかに過度の経済力の集中を排除し,国民経済を合理的に再編成することによって,民主的で健全な国民経済再建の基礎を作ること」を目的としていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょ‐ほう〔クワドケイザイリヨクシフチユウハイヂヨハフ〕【過度経済力集中排除法】

日本の財閥解体の一環として、大企業の経済力の集中を排除し分散させるために、昭和22年(1947)に制定された法律。GHQ占領政策の転換で徹底せず、昭和30年(1955)に廃止された。集中排除法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

過度経済力集中排除法【かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう】

第2次大戦後,連合国の日本経済民主化措置の一環として公布された法律(1947年)。集中排除法と略。企業整備吸収合併で巨大化した企業を分割し,自由競争の促進を目的とする。
→関連項目日本製鉄[株]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう【過度経済力集中排除法】

1947年(昭和22)財閥解体と大企業のもつ経済力の分散を目的として制定された法律。1955年廃止。 → 独占禁止法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過度経済力集中排除法
かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう

1947年(昭和22)に、第二次世界大戦後の財閥解体による経済民主化の一環として、過度の経済力の集中を排除するために制定された法律。この法律は、戦時中、企業整備などにより規模が過大となった企業を、戦後の経済に適合するよう分散化するとともに、市場競争による民主的な経済体制をつくりだすことを目的としていた。この法律により排除の対象となるのは、持株会社整理委員会が一定の基準に従って指定した会社であり、当該会社が作成して同委員会が承認し、または同委員会が自ら作成する企業再編成計画に基づき、一定の手続を経て同委員会が決定した指令に従い、経済力集中の排除が実施された。この法律により1948年に325社の指定が行われたが、その後、国際情勢の変化に対応してアメリカの対日政策が変わったため、この法律による集中排除は徹底せず、1955年に廃止された。なお、この法律と同様、競争秩序を維持することを目的として1947年に制定された独占禁止法がある。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の過度経済力集中排除法の言及

【財閥解体】より

…それは国務・陸軍・海軍省調整委員会(SWNCC)302‐2号文書(1947年1月22日付)で示され,極東委員会(FEC)に提出(FEC230号文書)された。これには狭義の財閥解体の場合と異なり,日本の産業界が公然と反対したが,GHQの強い指示により,国会は原案の頭に〈過度〉の2字を加えた過度経済力集中排除法(47年12月18日公布)を制定した。これに基づき,同法による実務を担当することとなった持株整理委は,48年2月中に鉱工業,商業,サービス部門の大企業のすべてを網羅した325社を適用企業に指定した。…

【集中排除法】より

…第2次世界大戦後,占領軍による経済民主化政策の一環として,1947年12月18日に公布施行され,55年7月25日に廃止された法律で,正確には過度経済力集中排除法という。初期占領政策では,特殊日本的な独占組織である財閥の解体と並行して,一般的な反独占政策が進められたが,将来における独占の復活を防止する目的で制定されたのが独占禁止法であるのに対して,既存の独占的大企業の分割を意図したのが本法である。…

【日本資本主義】より

…さらに財閥家族の所有有価証券の強制譲渡等の追加措置が行われ,財閥コンツェルンはほぼ完全に解体された。これに対し後者の集中排除=独占禁止は,日本の資本家団体が頑強に抵抗し,アメリカ国内の批判もあってなかなか実現せず,47年11月に至って過度経済力集中排除法(集中排除法)という妥協的形態で実行に移されたが,指定対象会社は48年2月の325社がピークで,以降占領政策の転換とともに急速に後退し,最終的には日本製鉄,三菱重工業など18社にとどまった。そして48年から始まった独占禁止法(1947年4月公布)改正の動きが49年6月に実現し,その後〈企業グループ〉という新しい形での資本の再結集がはかられていった。…

【ビール】より

…また,政府は税収確保の観点から,47年ビールに加算税を課した特価酒を販売したが,49年の自由販売への移行とともに減税が実施され,さらに50年には需要減に対応して2度目の減税が行われた。一方,大日本麦酒,麒麟麦酒両社は1948年,過度経済力集中排除法による分割対象企業となり,49年9月,大日本麦酒は,日本麦酒(1964年サッポロビールと改称),朝日麦酒の2社に分割されたが,麒麟麦酒は分割を免れた。分割当時の各社のシェアは日本麦酒38.6%,朝日麦酒36.1%,麒麟麦酒25.3%であった。…

※「過度経済力集中排除法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

過度経済力集中排除法の関連キーワード伊予富士悲しき玩具江川たたなづく土佐和紙工芸村633美の里モナクカバキチ蒸気用炭大分[県]湯原湖

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone