コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉川 すみよしがわ

1件 の用語解説(住吉川の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕住吉川(すみよしがわ)


神戸市南東部を流れる川。六甲(ろっこう)山(標高931m)に源を発し、同市灘(なだ)区・東灘区を南流して大阪湾に注ぐ。2級河川(住吉川水系)。延長8km。六甲山は風化花崗(かこう)岩のもろい土壌からなるため、山崩れを伴う水害が頻発。上流に多数の砂防ダムが建設された。山腹は扇状地をなし、JR東海道本線は天井川の堤防下をトンネルで抜ける。一帯は高級住宅地で、下流西岸の東灘区住吉東町に文豪・谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)の旧居の倚松庵(いしょうあん)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住吉川の関連キーワード夷隅川ニジェール川六甲山地蜀江六甲颪六甲山六甲山フィールド・アスレチック六甲山牧場六甲山カンツリーハウス六甲バター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住吉川の関連情報