断層山地(読み)だんそうさんち(英語表記)fault mountain

大辞林 第三版の解説

断層で断ち切られて相対的に持ち上げられてできた山地。片側が断層によって相対的に持ち上げられてできる傾動山地と、両側が平行する断層によって相対的に階段状に落ち込んでできる地塁とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

片側または周囲を断層崖(がい)で限られた山地をいう。脈状に延長しているものを断層山脈、塊状のものを断層地塊とよぶこともある。断層山脈は、断層崖の配列や山地侵食面の傾きなどから、傾動地塊山脈と地塁山脈に分類されることがある。前者では山地侵食面が断層崖の向きと反対の方向に傾いている。後者は山地の両側、三方または四方が断層崖で限られている。
 断層山地が広い地域にわたって標式的に発達している所は、アメリカ合衆国西部のベイスン・アンド・レインジ・プロビンスである。その分布をランドサットの映像や地形模型でみると、南北方向に山地軸が配列した断層山地群と断層盆地群とが目だつ。中央メキシコ高原、ペルーやボリビアのアルティプラノ高原、ハンガリー、アナトリア、チベットなどにも断層山脈の発達が著しい。わが国の飛騨(ひだ)・木曽(きそ)・赤石(あかいし)などの山脈や、北上(きたかみ)・阿武隈(あぶくま)・六甲などの諸山脈は断層山脈である。[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 断層によって縁どられた山地。構造的に傾動地塊・地塁などに分ける。地塊山地。断層山脈。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android