コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断層山地 だんそうさんちfault mountain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断層山地
だんそうさんち
fault mountain

断層によって周囲の地塊からへだてられ高くなっているところ。褶曲構造をもつ地域が,その後の断層運動によって断層山地となった例が多い。アメリカのシエラネバダ山脈など。地塊山地ともいう。褶曲地の対語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

だんそうさんち【断層山地】

断層で断ち切られて相対的に持ち上げられてできた山地。片側が断層によって相対的に持ち上げられてできる傾動山地と、両側が平行する断層によって相対的に階段状に落ち込んでできる地塁とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断層山地
だんそうさんち

片側または周囲を断層崖(がい)で限られた山地をいう。脈状に延長しているものを断層山脈、塊状のものを断層地塊とよぶこともある。断層山脈は、断層崖の配列や山地侵食面の傾きなどから、傾動地塊山脈と地塁山脈に分類されることがある。前者では山地侵食面が断層崖の向きと反対の方向に傾いている。後者は山地の両側、三方または四方が断層崖で限られている。
 断層山地が広い地域にわたって標式的に発達している所は、アメリカ合衆国西部のベイスン・アンド・レインジ・プロビンスである。その分布をランドサットの映像や地形模型でみると、南北方向に山地軸が配列した断層山地群と断層盆地群とが目だつ。中央メキシコ高原、ペルーやボリビアのアルティプラノ高原、ハンガリー、アナトリア、チベットなどにも断層山脈の発達が著しい。わが国の飛騨(ひだ)・木曽(きそ)・赤石(あかいし)などの山脈や、北上(きたかみ)・阿武隈(あぶくま)・六甲などの諸山脈は断層山脈である。[有井琢磨]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

断層山地の関連キーワードアルプス・ヒマラヤ山系グレート・ベースンチャネル諸島北九州[市]諭鶴羽山地真昼山地津名丘陵三郡山地傾動山地変動地形嶺岡山地背振山地筑紫平野脊振山地淡路島千葉県地形小倉華山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android