コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住木諭介 すみき ゆすけ

2件 の用語解説(住木諭介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住木諭介 すみき-ゆすけ

1901-1974 昭和時代の農芸化学者。
明治34年2月10日生まれ。昭和13年植物ホルモンジベレリン結晶化に成功。また稲のいもち病防除に有効な抗生物質ブラストサイジンSを発見し,38年学士院賞。21年東京帝大教授,37年理化学研究所副理事長。昭和49年9月11日死去。73歳。新潟県出身。東京帝大卒。著作に「植物ホルモン」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住木諭介
すみきゆすけ
(1892―1974)

農芸化学者。新潟県の生まれ。東京帝国大学農学部農芸化学科を卒業(1925)、大学院に進み微生物代謝産物化学構造の研究に従事、とくにイネの馬鹿(ばか)苗がイネに寄生している菌類ギベレラ・フジクロイが分泌する物質の徒長ホルモンとしての効果であることを重視し、師藪田貞治郎(やぶたていじろう)(1888―1977)に協力して、この菌の培養液からこの物質を純粋に単離し結晶化させることに成功し、ジベレリンと命名した(1938)。第二次世界大戦後は農業用に利用できる抗生物質の研究に貢献、とくにいもち病に対して有効なブラストサイジンSを発見(1958)、実用化し、この功によって1963年(昭和38)日本学士院賞を受賞した。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の住木諭介の言及

【抗生物質】より

…しかし,この残留性と慢性毒性が問題となり,また環境汚染などの問題も加わって利用できなくなり,新薬の開発が求められた。これが契機となって,ブラストサイジンS(住木諭介ら,1958),カスガマイシン(梅沢浜夫ら,1965)が開発された。そのほかイネの白葉枯病に対するセロサイジン(住木諭介ら,1958),イネの紋枯病に対するバリダマイシン(武田薬品工業,1971),モモの黒斑病とリンゴの斑点葉枯病などに対するポリオキシン(鈴木三郎ら,1958),うどんこ病に有効なミルディオマイシン(武田薬品工業,1983)などがある。…

【ジベレリン】より

…これはGibberella fujikuroi(Fusarium moniliformeと呼ばれることもある)という植物病原菌の感染によってひきおこされる病気で,罹病したイネは草丈が高く(徒長)なり,葉色も緑色が淡くなり,ひどい場合には枯死する。この病原菌の代謝産物の中にイネを徒長させる物質の存在することが,当時の台湾の農事試験場の技師であった黒沢英一によって証明され,1938年には東京大学農芸化学科の藪田貞治郎,住木諭介によって,活性の本体が結晶として単離され,ジベレリンと命名された。戦後,イギリス,アメリカ,日本の研究陣によってジベレリンの研究が展開され,54,55年にジベレリンA1,A2,A3(以下GAnのように略記する)の3種が単離された。…

※「住木諭介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

住木諭介の関連キーワード農芸化学・農藝化学麻生清井上吉之大山莞爾片桐英郎桜井芳人高橋栄治田中勝宣中島稔《農芸化学原論》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone