コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木弘造 ささき こうぞう

1件 の用語解説(佐々木弘造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木弘造 ささき-こうぞう

1850-1923 明治-大正時代の開拓者。
嘉永(かえい)3年9月9日生まれ。もと陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。青森県会議員などを歴任。下北半島近川(むつ市)周辺の原野を開墾し,学校,発電所などをもうけて新しい村落を誕生させた。大湊線開通時には近川に駅を開設させた。大正12年8月13日死去。74歳。本姓は鎌田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐々木弘造の関連キーワード穴沢祐造伊藤広幾大崎連工藤轍郎後藤太平志田力二永屋茂三好成湯谷基守依田勉三

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone