佐々木清高(読み)ささき きよたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木清高 ささき-きよたか

1295-1333 鎌倉時代の武将。
永仁(えいにん)3年生まれ。隠岐(おき)守護。後醍醐(ごだいご)天皇配流の際に御所を設営。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年隠岐を脱出した天皇を伯耆(ほうき)(鳥取県)船上山(せんじょうさん)に攻めたが,名和長年の軍に敗れて北陸にのがれる。同年5月9日近江(おうみ)(滋賀県)番場の蓮華寺で六波羅探題(ろくはらたんだい)北条仲時らと自害。39歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android