コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯子麻呂 さえきの こまろ

2件 の用語解説(佐伯子麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯子麻呂 さえきの-こまろ

?-666 飛鳥(あすか)時代の官吏。
皇極天皇4年中大兄(なかのおおえの)皇子にしたがって,蘇我入鹿(そがの-いるか)の殺害にくわわる。大化(たいか)元年の古人(ふるひとの)大兄皇子の謀反の際にも,阿倍渠曾倍(こそべ)らとともに皇子とその一族を攻めほろぼしたという。天智(てんじ)天皇5年3月死去。名は古麻呂ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐伯子麻呂

生年:生没年不詳
大化改新の功臣。姓は連。氏は佐伯部,名は古麻呂とも書く。皇極3(644)年1月,蘇我入鹿討滅を謀る中臣鎌足により,葛城稚犬養網田と共に,中大兄皇子(のちの天智天皇)に推挙され討滅の企てに加わる。それは武勇強断,膂力扛鼎のためであり(『藤氏家伝』上),翌大化1年6月三韓上表の日,中大兄と共に殿中で入鹿を殺した。同年9月,古人大兄皇子は謀反が露見し討滅されたが,一説では11月に中大兄の命で,子麻呂と阿倍渠曾倍が兵40人を率い古人を攻め殺したというなど,中大兄の政権樹立に活躍。そのため天智5(666)年3月病床につくと,その功を称えて,天智は自ら見舞った。死後大錦上の位を贈られる。天平宝字1(757)年12月に乙巳(大化1)年の功田が新設されると,上功として40町6段の功田を3世に伝えさせることになった。

(館野和己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐伯子麻呂の言及

【佐伯氏】より

…宮城十二門のうち,西面中央の門が818年(弘仁9)に藻壁門と改称されるまで佐伯門と称されていたのは,佐伯氏が代々朝廷警衛にあたっていたその名を負ったものである。645年(大化1)の蘇我入鹿暗殺事件に佐伯子麻呂(こまろ)が中大兄皇子のもとで活躍し,また元明朝の709年(和銅2)佐伯石湯(いわゆ)が征越後蝦夷将軍に任命されるなど,7~8世紀には佐伯氏の武門としての伝統に応じた活躍がみられた。宮城警衛の任にあたる五衛府の督・佐となる者も多く,律令官人として行政面に活躍する者もあった。…

※「佐伯子麻呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐伯子麻呂の関連キーワード古語拾遺山田寺改新功臣私民大化の改新薄葬国の宰門脇禎二佐伯部三国

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone