コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹作太郎 さたけ さくたろう

2件 の用語解説(佐竹作太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹作太郎 さたけ-さくたろう

1849-1915 明治-大正時代の実業家,政治家。
嘉永(かえい)2年3月15日生まれ。若尾逸平(いっぺい)にみとめられ,第十国立銀行頭取,東京電灯社長を歴任。また東京電車鉄道,山梨新聞社などの役員もかねる。山梨県会議員をへて,明治35年衆議院議員(当選5回,政友会)。大正4年8月17日死去。67歳。山城(京都府)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐竹作太郎

没年:大正4.8.17(1915)
生年:嘉永2.3.15(1849.4.7)
明治時代の実業家。山城国(京都府)愛宕郡大原村の庄屋の長男。山梨県の殖産興業を推進した藤村紫朗県令に従って山梨へ。その信任が厚く第十国立銀行の設立時には支配人となり,栗原信近失脚後の明治15(1882)年に2代目頭取に就任し,33年間その職にあった。甲州財閥の東京電燈乗っ取り後は常務として経営に参画し,32年には社長となり,他にも多数の甲州系企業の重役に名を連ねた。この間,35年から連続5期衆院議員に当選し13年在任し山梨県政界の重鎮でもあった。山梨県出身ではないが若尾逸平の片腕として甲州財閥を支える有力な柱となった。

(齋藤康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐竹作太郎の関連キーワード雨森菊太郎今井清次郎喜多川孝経木村荘平桜田儀兵衛柴崎久五郎島本徳次郎西原直蔵浜岡光哲三浦芳治郎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone