コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐竹義宣(1) さたけ よしのぶ

1件 の用語解説(佐竹義宣(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義宣(1) さたけ-よしのぶ

?-1389 南北朝時代の武将。
佐竹義篤(よしあつ)の子。父の跡をつぎ,貞治(じょうじ)元=正平(しょうへい)17年常陸(ひたち)守護となる。足利尊氏に属して足利直義(ただよし)方の上杉憲顕(のりあき)とたたかい,また鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)にしたがって下野(しもつけ)(栃木県)の芳賀禅可(はが-ぜんか)を攻めた。康応元=元中6年7月14日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐竹義宣(1)の関連キーワードウルバヌス巨勢行忠カルマル同盟ウルバヌス元中康応嘉慶康応スリューテルバヤジト[1世]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone