佐竹義宣(1)(読み)さたけ よしのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐竹義宣(1) さたけ-よしのぶ

?-1389 南北朝時代の武将。
佐竹義篤(よしあつ)の子。父の跡をつぎ,貞治(じょうじ)元=正平(しょうへい)17年常陸(ひたち)守護となる。足利尊氏に属して足利直義(ただよし)方の上杉憲顕(のりあき)とたたかい,また鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)にしたがって下野(しもつけ)(栃木県)の芳賀禅可(はが-ぜんか)を攻めた。康応元=元中6年7月14日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android