コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤周軒 さとう しゅうけん

2件 の用語解説(佐藤周軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤周軒 さとう-しゅうけん

1665-1741 江戸時代前期-中期の武士,儒者。
寛文5年生まれ。後藤松軒にまなび,元禄(げんろく)15年美濃(みの)(岐阜県)岩村藩の儒員となる。松平乗賢(のりかた)の養育係をへて家老にすすむ。曾孫に佐藤一斎(いっさい)。寛保(かんぽう)元年7月17日死去。77歳。江戸出身。名は広義。通称は勘平。別号に塵也。著作に「本邦祭義」「四書参考」「小学参考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤周軒

没年:寛保1.7.17(1741.8.27)
生年:寛文5(1665)
江戸時代中期の儒学者。岩村藩(岐阜県)藩士。名は広義,通称勘平。周軒は号,晩年塵也と号す。江戸の人。その家は代々武を以てきこえた。朱子学を後藤松軒に学んだ。柳沢吉保が大名にとり立てられたとき,広く名士を招き,周軒を禄300石で招聘しようとしたが受けず,その後師松軒の推薦で20人扶持で岩村藩に儒者として仕えた。その性格は豪放簾直,藩世子の傅となり,世子松平乗賢襲封後は抜擢され老職として300石を受けた。朱子学を奉じ朱子の『文公家礼』にもとづいて『本邦祭儀』を著し,また『四書参考』『小学参考』も著す。家は代々続き佐藤一斎は周軒の曾孫。江戸にて没す。<参考文献>原念斎『先哲叢談』5巻

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤周軒の関連キーワード佐藤文永竹内長水塚本源右衛門丹羽氏明丹羽氏定丹羽氏純福島松江松平葛子松平乗薀若山勿堂

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone