コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤喜一郎 さとう きいちろう

2件 の用語解説(佐藤喜一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤喜一郎 さとう-きいちろう

1894-1974 昭和時代の銀行家。
明治27年1月22日生まれ。三井銀行にはいり,ニューヨーク,大阪などの支店長をへて,昭和21年合併後の帝国銀行頭取。29年新発足した三井銀行の社長,34年会長となる。三井系企業のリーダーとして経団連副会長などを歴任。昭和49年5月24日死去。80歳。神奈川県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤喜一郎
さとうきいちろう
(1894―1974)

三井系企業グループの代表的実業家。横浜市の会社員の長男に生まれる。1917年(大正6)東京帝国大学法科卒業後、三井銀行に入行。ニューヨーク、大阪支店長などを経て、1946年(昭和21)に帝国銀行(1943年三井・第一銀行の合併により設立)の頭取に就任、財閥の解体や第一銀行の分離などを処理し、さらに新発足期の三井銀行の社長(1954年就任)・会長として同行の経営にあたった。また三井系のリーダーとして経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)副会長などを務めた。[杉山和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤喜一郎の関連キーワード銀行家小笠原光雄小田切武林亀山甚鈴木亨市寺尾威夫堀武芳森永助横田郁渡辺義郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone