コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤喜一郎 さとう きいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤喜一郎 さとう-きいちろう

1894-1974 昭和時代の銀行家。
明治27年1月22日生まれ。三井銀行にはいり,ニューヨーク,大阪などの支店長をへて,昭和21年合併後の帝国銀行頭取。29年新発足した三井銀行の社長,34年会長となる。三井系企業のリーダーとして経団連副会長などを歴任。昭和49年5月24日死去。80歳。神奈川県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤喜一郎
さとうきいちろう
(1894―1974)

三井系企業グループの代表的実業家。横浜市の会社員の長男に生まれる。1917年(大正6)東京帝国大学法科卒業後、三井銀行に入行。ニューヨーク、大阪支店長などを経て、1946年(昭和21)に帝国銀行(1943年三井・第一銀行の合併により設立)の頭取に就任、財閥の解体や第一銀行の分離などを処理し、さらに新発足期の三井銀行の社長(1954年就任)・会長として同行の経営にあたった。また三井系のリーダーとして経済団体連合会(現、日本経済団体連合会)副会長などを務めた。[杉山和雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

佐藤喜一郎の関連キーワード臨時行政調査会昭和時代銀行家