佐藤正持(読み)さとう まさもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤正持 さとう-まさもち

1809-1857 江戸時代後期の画家。
文化6年生まれ。春木南湖,谷文晁(ぶんちょう)に師事し,浮世絵もまなんで名をなす。国史に通じ歴史画を得意とする。西国を歴遊後,備中(岡山県)倉敷の医師石坂空洞宅に身をよせ,「皇朝画史」を制作した。安政4年8月9日死去。49歳。江戸出身。通称は理三郎。号は北溟

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android