コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野洋子 サノヨウコ

3件 の用語解説(佐野洋子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さの‐ようこ〔‐ヤウこ〕【佐野洋子】

[1938~2010]絵本作家。中国の生まれ。独特なタッチ色彩感覚を駆使して多くの絵本を手がける。特に「100万回生きたねこ」は世代をこえてロングセラーとなった。他に「わたしのぼうし」「おじさんのかさ」、エッセー「神も仏もありませぬ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐野洋子【さのようこ】

絵本作家・エッセイスト。中国北京生れ。武蔵野美術大学デザイン科卒業。デパート宣伝部でのデザイナー勤務を経て,ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。1974年に刊行された絵本《おじさんのかさ》で注目を集める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野洋子 さの-ようこ

1938-2010 昭和後期-平成時代の絵本作家。
昭和13年6月28日中国北京生まれ。昭和42年ベルリン造形大でリトグラフをまなぶ。絵本を手がけ,49年「おじさんのかさ」で注目され,51年「わたしのぼうし」で講談社出版文化賞。52年の「100万回生きたねこ」はロングセラーとなる。58年「わたしが妹だったとき」で新美南吉児童文学賞をうけるなどエッセイでも活躍。一時期,谷川俊太郎と結婚。平成22年11月5日死去。72歳。武蔵野美大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐野洋子の関連キーワード森毅中平卓馬荒木古童(4代)伊原康隆古賀憲司島田仁郎鈴木日出男徳田虎雄三井幸雄湯川豊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐野洋子の関連情報