コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野洋子 サノヨウコ

デジタル大辞泉の解説

さの‐ようこ〔‐ヤウこ〕【佐野洋子】

[1938~2010]絵本作家。中国の生まれ。独特なタッチ色彩感覚を駆使して多くの絵本を手がける。特に「100万回生きたねこ」は世代をこえてロングセラーとなった。他に「わたしのぼうし」「おじさんのかさ」、エッセー「神も仏もありませぬ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

佐野洋子【さのようこ】

絵本作家・エッセイスト。中国北京生れ。武蔵野美術大学デザイン科卒業。デパート宣伝部でのデザイナー勤務を経て,ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。1974年に刊行された絵本《おじさんのかさ》で注目を集める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野洋子 さの-ようこ

1938-2010 昭和後期-平成時代の絵本作家。
昭和13年6月28日中国北京生まれ。昭和42年ベルリン造形大でリトグラフをまなぶ。絵本を手がけ,49年「おじさんのかさ」で注目され,51年「わたしのぼうし」で講談社出版文化賞。52年の「100万回生きたねこ」はロングセラーとなる。58年「わたしが妹だったとき」で新美南吉児童文学賞をうけるなどエッセイでも活躍。一時期,谷川俊太郎と結婚。平成22年11月5日死去。72歳。武蔵野美大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐野洋子の関連キーワード愛知県の要覧秋田県の要覧岩手県の要覧愛媛県の要覧大阪府の要覧香川県の要覧京都府の要覧岐阜県の要覧群馬県の要覧高知県の要覧

佐野洋子の関連情報