佐野琴嶺(読み)さの きんれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野琴嶺 さの-きんれい

?-1861 江戸時代後期の儒者。
備中(びっちゅう)(岡山県)岡田藩儒佐野琴壑(きんがく)の孫。神吉東郭(かみよし-とうかく),安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなび,藩校敬学館の教授となる。また上野(こうずけ)(群馬県)安中藩の深川惣右衛門より越後(えちご)流の兵法の印可をうけた。万延2年2月13日死去。名は元方。字(あざな)は子順。通称は小介。著作に「伊勢物語評註」「韓非子(かんぴし)私考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android