コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安中藩 あんなかはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安中藩
あんなかはん

江戸時代,上野国 (群馬県) 碓氷郡安中地方を領有した小藩。元和1 (1615) 年井伊直勝が3万石を領して以来,水野氏2万石,堀田氏2万石,板倉氏 2万石,内藤氏2万石を経て寛延2 (1749) 年以降廃藩置県まで板倉氏が3万石を領した。いずれも譜代。板倉氏は江戸城雁間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

あんなかはん【安中藩】

江戸時代上野(こうずけ)国碓氷(うすい)郡安中(現、群馬県安中市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は造士館。1590年(天正(てんしょう)18)に井伊直政(いいなおまさ)が12万石で箕輪(みのわ)(現、群馬県高崎市)に入封(にゅうほう)、安中周辺はその所領となった。直政は1601年(慶長(けいちょう)6)に近江(おうみ)国佐和山(さわやま)(現、滋賀県 彦根市)に転じ、直政の死後、長子直継(なおつぐ)が新たに彦根城を築城したが、病弱で大坂の陣に参加できず、15年(元和(げんな)1)に直勝(なおかつ)と名を改め安中に3万石で移封、彦根藩は参陣した弟の直孝(なおたか)が藩主となった。その後安中藩は、45年(正保(しょうほう)2)に水野元綱(もとつな)、67年(寛文(かんぶん)7)に堀田正俊(まさとし)、81年(天和(てんな)1)に板倉重形(しげかた)、1702年(元禄15)に内藤政森(まさもり)、49年(寛延(かんえん)2)に再び板倉氏と、2万石~4万石で次々と藩主が変わり、以後は明治維新まで板倉氏6代が定着した。幕末の戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍に服属、1871年(明治4)の廃藩置県により、安中県を経て群馬県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安中藩
あんなかはん

江戸時代、上野(こうずけ)国碓氷(うすい)郡安中(群馬県安中市)周辺を領有した譜代(ふだい)小藩。城は1559年(永禄2)安中忠政(ただまさ)の築城と伝え、城下は中山道(なかせんどう)の宿駅。1590年(天正18)徳川家康の関東入国のとき、箕輪(みのわ)城(群馬県高崎市)12万石に封ぜられた井伊直政(いいなおまさ)の所領となった。その後、直政が近江(おうみ)(滋賀県)に転じたあと、病弱の長子直勝が本領彦根(ひこね)を弟直孝(なおたか)に譲り、1615年(元和1)安中に入って立藩した(3万石)。子直好(なおよし)は1645年(正保2)三河国(愛知県)西尾に移り、かわって水野元綱が入封して碓氷・群馬郡下2万石を領有。元綱は1663年(寛文3)、1664年と領内の総検地を実施したが、その子元知(もととも)は精神の異常を理由に除封となり、かわって1667年(寛文7)堀田正俊(ほったまさとし)が入った。正俊は「安中御条目」などの家法を制定、所領も1678年(延宝6)、1679年両度の加増によって4万石となった。この間、老中として5代将軍徳川綱吉(つなよし)の擁立に尽力、1681年(天和1)にはその功により下総(しもうさ)(茨城県)古河(こが)(9万石)に転じ大老となった。かわって板倉重形(しげかた)が入封、重同(しげあつ)が継いだ。その後、1702年(元禄15)内藤政森が入って政里、政苗(まさみつ)と3代在封したが、1745年(延享2)ふたたび板倉氏(勝清。2万石)が入って領主の定着をみた。以後、勝暁(かつとき)、勝意(かつおき)、勝尚(かつなお)、勝明(かつあきら)、勝殷(かつまさ)と6代続き明治に至った。勝清は1767年(明和4)老中となり3万石に加増。勝明は、藩校造士館の整備、郷学桃渓(とうけい)書院の新設、「甘雨亭叢書(かんうていそうしょ)」の刊行など文教政策を進め、自ら『東還紀行』『西征紀行』を著した。また桐(きり)、漆(うるし)、杉の植林など殖産興業にも意を用い明君といわれた。幕末の藩は和宮(かずのみや)下向の警備、一揆(いっき)の鎮圧など難局に対処し、戊辰(ぼしん)の年、征東軍に服属した。なおキリスト教主義教育の新島襄(にいじまじょう)は安中藩士出身である。
 1871年(明治4)廃藩となり、安中県を経て群馬県に編入された。[山田武麿]
『『新編物語藩史 第3巻』(1976・新人物往来社) ▽山田武麿編著『上州の諸藩』(1981・上毛新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安中藩の関連キーワード群馬県安中市安中横川(群馬県)板倉勝尚(1)群馬[県]安中(市)佐々木愚山甘雨亭叢書板倉勝清岩井重遠井伊直好内藤政苗分部光貞山田三川内藤政森板倉重形内藤政陽板倉勝矩内藤政里板倉重同根岸松齢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android