コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何礼之 が れいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

何礼之 が-れいし

が-のりゆき

何礼之 が-のりゆき

1840-1923 明治-大正時代の官僚,翻訳家。
天保(てんぽう)11年7月13日生まれ。慶応4年開成所御用掛。明治4年岩倉特命全権大使に随行,欧米各国の憲法を調査。内務大書記官,貴族院議員。翻訳したモンテスキュー「万法精理」は政界に影響をあたえた。大正12年3月2日死去。84歳。肥前長崎出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

何礼之

没年:大正12.3.2(1923)
生年:天保11.7.13(1840.8.10)
明治時代の官僚。長崎唐通事の長子として長崎に生まれる。幼名礼之助。中国語を学び家職を継ぐが,さらに長崎英語伝習所において英学を学ぶ。明治1(1868)年開成所御用掛。1等訳官兼造幣局権判事,洋学校督務を経て,3年大学少博士。4年岩倉遣外使節団に随行。5年外務2等書記官を兼任。帰国後,駅逓寮,内務省に出仕,翻訳事務に携わる。9年内務権大丞。10年内務権大書記官・図書局長。13年内務大書記官。17年元老院議官。24年貴族院議員となり,没年まで在職。また,モンテスキュー『万法精理』などの訳書がある。<参考文献>衆議院・参議院編『議会制度七十年史』

(佐々博雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

何礼之の関連キーワード高橋 新吉大正時代芳川顕正鮫島尚信神鞭知常星亨

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android