余延年(読み)よ えんねん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

余延年 よ-えんねん

1746-1819 江戸時代中期-後期の篆刻(てんこく)家。
延享3年生まれ。京都で高芙蓉にまなぶ。名古屋,桑名,彦根,神戸(かんべ)などの諸侯公印をつくった。また増山雪斎に絵画をまなび,墨蘭を得意とした。大高(おおたか)焼の創始者とされる。文政2年4月19日死去。74歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。姓は山口。字(あざな)は千秋。通称は九郎左衛門。号は墨山。著作に「風塵随筆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android