コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増山雪斎 ましやま

美術人名辞典の解説

増山雪斎

江戸後期の伊勢長島藩主・画家。幼名は勇之丞・千之丞、名は正賢・選、字は君選、別号に玉淵・長洲・玉園・蕉亭・松秀園・石顛道人・巣丘隠人等。大坂より十時梅厓藩儒に招き、藩校文礼館を創建、また木村兼葭堂・春木南湖らも招き藩学の振興につとめた。沈南蘋画法を学び花鳥画を得意とし、詩文もよくした。文政2年(1819)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ましやませっさい【増山雪斎】

1754‐1819(宝暦4‐文政2)
江戸時代の画家。伊勢長島藩主。名は正賢,字は君選。号は雪斎,玉園,蕉亭,石顚道人,巣丘山人など。学を好み,藩に文礼館という講堂を設立し十時梅厓(とときばいがい)を学長に任命した。また木村蒹葭堂ら文雅の士と交わった。絵はおもに沈銓(しんせん)(南蘋)の写生体を学び,精緻な花鳥画をよくした。また虫類などの写生に努め,《虫類絵巻》(東京国立博物館)を描き,写生に用いた昆虫をほうむる虫塚を江戸に建てた。【成瀬 不二雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増山雪斎
ましやませっさい

[生]宝暦4(1754).伊勢
[没]文政2(1819).1.29. 伊勢
江戸時代後期の画家,伊勢国長島藩主。名は正賢,字は君選。号は雪斎,玉淵,顛々翁など。従五位下河内守。風流人として名高く,詩,書画をよくし,特に絵は明清画を研究して沈南蘋風の花鳥画や人物画を得意とし専門家の域に達した。また学を好み,藩に十時梅 厓を招いて文礼館という藩校を設置。主要作品『伐木詩意図』,『孔雀図』 (1814) ,『虫豸帖 (ちゅうちじょう) 』 (東京国立博物館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

増山雪斎 (ますやませっさい)

生年月日:1754年10月14日
江戸時代中期;後期の大名
1819年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

増山雪斎の関連キーワード金子雪操増山正賢生年月日大国隆正余延年

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android