余所・他所・外(読み)よそ

大辞林 第三版の解説

よそ【余所・他所・外】

ほかの所。別の場所。 「店をたたんで-へ移って行った」 「 -では買えない品」
自分の属している家庭や団体以外のところ。 ⇔ うち 「今日は-で夕飯を食べてくる」 「 -から帰ったら必ず手を洗いなさい」
自分とは直接関係のない所・人・物。 「どこか-の国の話だと思った」 「 -の人のあとについて行ってはいけません」
ほったらかすこと。かえりみないこと。 「勉強を-に遊んでばかりいる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android