心根(読み)こころね

精選版 日本国語大辞典「心根」の解説

こころ‐ね【心根】

〘名〙
① 心の奥底本性根性
※和泉式部集(11C中)下「心ねのほどをみするぞあやめ草くさのゆかりにひきかけね共」
※寸鉄録(1606)「主人のさやうのこころねは、よろづ政にもあしきなり」
② 能楽で、舞を舞うときの心づかい。配慮。
※風姿花伝(1400‐02頃)七「を使ふ中にも、心ねあるべし。身を強く動かす時は、足踏を盗むべし」

しん‐こん【心根】

〘名〙 性質。性格。また、心の奥底。心底(しんそこ)。こころね。
※本朝文粋(1060頃)二・答貞信公辞関白表勅〈菅原文時〉「雖詞藻、焉動心根
※御伽草子・愛宕地蔵之物語(室町時代物語集所収)(室町末)「円祇が心根(シンコン)、はづかしければ、のたまひて、太子に御代をゆづり給ひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「心根」の解説

こころ‐ね【心根】

心の奥底。本当の心。真情。本性。「心根を推し量る」「心根は優しい人だ」
[類語]さが根性性根気心性格気象気立て気前心ばえ心柄じょう性質キャラクター性向性情気質たちしょう性分しょうぶん気性きしょう人柄心性しんせい品性資性資質個性人格パーソナリティー本性本能天性気心気風人となり人間性気質かたぎ肌合い家風精神

しん‐こん【心根】

心の奥底。心底。こころね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android