逸聞(読み)イツブン

デジタル大辞泉 「逸聞」の意味・読み・例文・類語

いつ‐ぶん【逸聞】

世間にあまり知られていない、興味ある話。
[類語]奇談異聞奇話奇聞逸話内緒話自慢話裏話秘話楽屋話内輪話打ち明け話挿話こぼれ話余話余聞余録エピソードアネクドート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「逸聞」の意味・読み・例文・類語

いつ‐ぶん【逸聞】

  1. 〘 名詞 〙 あまり世間に知られていない珍しい出来事。また、その話。逸話。
    1. [初出の実例]「濫行を尽した一年前の逸聞を、長々としゃべり出した」(出典:或日の大石内蔵助(1917)〈芥川龍之介〉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「逸聞」の読み・字形・画数・意味

【逸聞】いつぶん

逸話。

字通「逸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android