逸聞(読み)いつぶん

精選版 日本国語大辞典「逸聞」の解説

いつ‐ぶん【逸聞】

〘名〙 あまり世間に知られていない珍しい出来事。また、その話。逸話
※或日の大石内蔵助(1917)〈芥川龍之介〉「濫行を尽した一年前の聞を、長々としゃべり出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「逸聞」の解説

いつ‐ぶん【逸聞】

世間にあまり知られていない、興味ある話。
[類語]奇談異聞奇話奇聞逸話内緒話自慢話裏話秘話楽屋話内輪話打ち明け話挿話こぼれ話余話余聞余録エピソードアネクドート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「逸聞」の解説

【逸聞】いつぶん

逸話。

字通「逸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android