働く(読み)ハタラク

デジタル大辞泉「働く」の解説

はたら・く【働く】

[動カ五(四)]
仕事をする。労働する。特に、職業として、あるいは生計を維持するために、一定の職に就く。「朝から晩までよく―・く」「工場で―・く」「―・きながら資格を取る」
機能する。また、作用して結果が現れる。「薬が―・いて熱が下がる」「引力が―・く」「機械がうまく―・かない」
精神などが活動する。「知恵が―・く」「勘が―・く」
悪事をする。「盗みを―・く」「不正を―・く」
文法で、用言助動詞語尾が変化する。活用する。「五段に―・く動詞
動く。体を動かす。
「死にて六日といふ日のひつじの時ばかりに、にはかにこの―・く」〈宇治拾遺・三〉
出撃して戦う。
「オノレワ戦場ニ出テ楯矛たてほこヲ取ッテワ―・カネドモ」〈天草本伊曽保・陣頭の貝吹き〉
[補説]「働」は国字
[可能]はたらける
[類語](1かせ勤める労する労働する活動する作業する勤労する従事する就労する実働する勤務する執務する服務する勤続する・仕える立ち働く勤まる汗水を流すひたいに汗する動き運動行動生動蠢動しゅんどう躍動活躍奔走動く動き回る/(2作用する機能する作動する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android