コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

働く ハタラク

デジタル大辞泉の解説

はたら・く【働く】

[動カ五(四)]
仕事をする。労働する。特に、職業として、あるいは生計を維持するために、一定の職に就く。「朝から晩までよく―・く」「工場で―・く」「―・きながら資格を取る」
機能する。また、作用して結果が現れる。「薬が―・いて熱が下がる」「引力が―・く」「機械がうまく―・かない」
精神などが活動する。「知恵が―・く」「勘が―・く」
悪事をする。「盗みを―・く」「不正を―・く」
文法で、用言や助動詞の語尾が変化する。活用する。「五段に―・く動詞」
動く。体を動かす。
「死にて六日といふ日の未(ひつじ)の時ばかりに、にはかにこの棺―・く」〈宇治拾遺・三〉
出撃して戦う。
「オノレワ戦場ニ出テ楯矛(たてほこ)ヲ取ッテワ―・カネドモ」〈天草本伊曽保陣頭の貝吹き〉
[補説]「働」は国字。
[可能]はたらける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はたらく【働く】

( 動五[四] )
肉体・知能などを使って仕事をする。一生懸命にする。 「 - ・いたあとは飯がうまい」 「このプロジェクトの中心になって-・く」
職業・業務として特定の仕事をもつ。 「 - ・きながら大学を卒業した」
機能を発揮する。効果・作用が十分現れる。 「もう疲れて頭が-・かなくなってしまった」 「勘が-・く」 「なかなか悪知恵の-・くやつだ」 「遠心力が-・く」
そのものとしての力が生かされる。役に立つ。 「このねじは-・いていない」 「制御装置が-・く」
悪いことをする。 「乱暴を-・く」 「盗みを-・く」 「不正を-・く」
語尾が変化する。活用する。
動く。体を動かす。 「鯉・鯛は生きて-・くやうにて同じ作り枝につけたり/宇津保 蔵開下
出撃する。出撃して戦う。 「丸子の城へ-・かんとて/三河物語」
[可能] はたらける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

働くの関連キーワード手足を擂り粉木にするワーキングウーマン勤労の権利・義務内的キャリア衣食に奔走す体を粉にする御先棒を担ぐ体を惜しむ汗水を流す額に汗するSOHO分子間力働き詰め消化酵素日傭取り働き甲斐勤め奉公近距離力狼藉者夜働き

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

働くの関連情報