コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

働く ハタラク

2件 の用語解説(働くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はたら・く【働く】

[動カ五(四)]
仕事をする。労働する。特に、職業として、あるいは生計を維持するために、一定の職に就く。「朝から晩までよく―・く」「工場で―・く」「―・きながら資格を取る」
機能する。また、作用して結果が現れる。「薬が―・いて熱が下がる」「引力が―・く」「機械がうまく―・かない」
精神などが活動する。「知恵が―・く」「勘が―・く」
悪事をする。「盗みを―・く」「不正を―・く」
文法で、用言や助動詞の語尾が変化する。活用する。「五段に―・く動詞」
動く。体を動かす。
「死にて六日といふ日の未(ひつじ)の時ばかりに、にはかにこの棺―・く」〈宇治拾遺・三〉
出撃して戦う。
「オノレワ戦場ニ出テ楯矛(たてほこ)ヲ取ッテワ―・カネドモ」〈天草本伊曽保・陣頭の貝吹き〉
[補説]「働」は国字。
[可能]はたらける

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はたらく【働く】

( 動五[四] )
肉体・知能などを使って仕事をする。一生懸命にする。 「 - ・いたあとは飯がうまい」 「このプロジェクトの中心になって-・く」
職業・業務として特定の仕事をもつ。 「 - ・きながら大学を卒業した」
機能を発揮する。効果・作用が十分現れる。 「もう疲れて頭が-・かなくなってしまった」 「勘が-・く」 「なかなか悪知恵の-・くやつだ」 「遠心力が-・く」
そのものとしての力が生かされる。役に立つ。 「このねじは-・いていない」 「制御装置が-・く」
悪いことをする。 「乱暴を-・く」 「盗みを-・く」 「不正を-・く」
語尾が変化する。活用する。
動く。体を動かす。 「鯉・鯛は生きて-・くやうにて同じ作り枝につけたり/宇津保 蔵開下
出撃する。出撃して戦う。 「丸子の城へ-・かんとて/三河物語」
[可能] はたらける

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

働くの関連情報