コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

働き ハタラキ

デジタル大辞泉の解説

はたらき【働き】

仕事をすること。労働すること。「働きに出る」
活躍すること。また、その実績。仕事の成果。「働きに応じた給料を支払う」「メンバーの働きが功を奏する」「働きが認められて昇進する」
稼ぎ。収入。また、それを得る才覚。「働きが悪い」「今月は働きが少ない」「働きのある人」
物事に備わっている機能。また、その及ぼす作用。「頭の働きが鈍る」「遠心力の働きを応用する」「ビタミンの働き
能・狂言の用語。
㋐「働き事」の略。
㋑「舞働(まいばたら)き」に同じ。
日本語文法での活用。
[下接語](ばたらき)荒(あら)働き・一時働き・気働き下働き節句働き只(ただ)働き共働き仲働き糠(ぬか)働き舞働き夜(よ)働き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

働きの関連キーワードペンタデカン酸グリセリドプライムエージワーカー脳味噌が足りないオーバーワークソラフェニブ気が変になる髪結いの亭主精神運動性小煩悩地法荒魂・和魂薬理作用林業政策収斂火災八面六臂働き詰め脳味噌無駄飯兵アリ利き駒中止法

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

働きの関連情報