働き(読み)ハタラキ

デジタル大辞泉「働き」の解説

はたらき【働き】

仕事をすること。労働すること。「働きに出る」
活躍すること。また、その実績。仕事の成果。「働きに応じた給料を支払う」「メンバーの働きを奏する」「働きが認められて昇進する」
稼ぎ。収入。また、それを得る才覚。「働きが悪い」「今月は働きが少ない」「働きのある人」
物事に備わっている機能。また、その及ぼす作用。「頭の働きが鈍る」「遠心力働きを応用する」「ビタミン働き
狂言の用語。
㋐「働き事」の
㋑「舞働まいばたら」に同じ。
日本語文法での活用。
[下接語](ばたらき)あら働き・一時働き・気働き下働き節句働きただ働き共働き仲働きぬか働き舞働き働き
[類語]作用労働作動稼働起動仕事勤労作業労作労務労役実働稼働勤務勤続勤め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android