コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作業科 さぎょうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

作業科
さぎょうか

1931年の中学校令施行規則改正により旧制の中学校に設けられた学科目。園芸,工作,その他の作業を通じて勤労愛好の精神と習慣を養い,日常生活に有用な知識・技能の修得を目的とした。これは R.ザイフェルトが 1895年に提唱して以後,ドイツの学校教育の教科として発展してきたアルバイツクンデ Arbeitskundeに示唆を受けて設けられたものである。 43年に廃止され,新しく設けられた修練のなかに,研修,鍛練と並んで「作業」として引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

作業科の関連キーワード文政審議会

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作業科の関連情報