供具(読み)くぐ

精選版 日本国語大辞典「供具」の解説

く‐ぐ【供具】

〘名〙 神仏への、そなえもの。供物。また、そなえ物をのせる道具。
※続日本紀‐天平勝宝八年(756)五月壬申「具有師子座香炉、天子座、〈略〉蓋繖之類
※曾我物語(南北朝頃)二「調伏のをたて、幣帛、くぐをそなへたり」

きょう‐ぐ【供具】

〘名〙 神仏または賓客飲食物などを供すること。また、その器具。そなえもの。くぐ。
※古今著聞集(1254)五「供具は家衡卿のもとにつたはりたりけるを」 〔史記‐封禅書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「供具」の解説

く‐ぐ【供具】

神仏に供えるもの。供物くもつ。また、供物を供える器具。

きょう‐ぐ【供具】

神仏や来客などに飲食を供すること。また、その器具。くぐ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「供具」の解説

【供具】きようぐ

宴席などの用具。〔史記、平準書〕封禪の事を議す。~に當るの縣は、縣ごとにを治め、供を設け、みて以て幸を待つ。

字通「供」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android