供花会・供華会(読み)くげえ

大辞林 第三版の解説

くげえ【供花会・供華会】

仏前に花を供える法会。京都六条長講堂のものが有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くげ‐え ‥ヱ【供花会・供華会】

〘名〙 仏に生花を供養する法会。京都六波羅蜜寺で、毎年三月、法華八講を催し、これを結縁供花会と称したのが始まりとされ、長講堂供花会など著名。百日、千日と不断に新花を献じて功徳をつむ仏事となった。くげ。
※本朝文粋(1060頃)一〇・一称南無仏序〈慶滋保胤〉「暮春三月、百花争開、別修四日八講、号結縁供花会

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android