供託所(読み)きょうたくしょ

精選版 日本国語大辞典「供託所」の解説

きょうたく‐しょ【供託所】

〘名〙 金銭有価証券などの供託を受けて、その保管をする所。法務局地方法務局またはその支局、裁判所が指定する特定の場所など。
※朝野新聞‐明治二四年(1891)一月一七日「彼の要償金を供托所へ委托せざりしに由るとの事なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「供託所」の解説

きょうたく‐しょ【供託所】

法令規定により、供託事務を取り扱う所。金銭・有価証券については、法務局・地方法務局およびその支局、または法務大臣の指定する出張所。その他の物品については法務大臣の指定する倉庫業者または銀行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android