供述録取書(読み)キョウジュツロクシュショ

大辞林 第三版の解説

きょうじゅつろくしゅしょ【供述録取書】

供述者以外の者が供述を記録した書面。供述者の署名・押印のあるものに限り、一定の要件のもとに証拠能力が認められる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうじゅつ‐ろくしゅしょ【供述録取書】

〘名〙 被告人、被疑者、参考人などの供述を聞き取って作成した書面。刑事訴訟法で、一定の条件の下に証拠能力が認められる。供述調書
※松川裁判について(1958)〈広津和郎〉「大塚弁護人が木村の供述録取書を取って置きましたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android