供述録取書(読み)きょうじゅつろくしゅしょ

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうじゅつ‐ろくしゅしょ【供述録取書】

〘名〙 被告人、被疑者、参考人などの供述を聞き取って作成した書面。刑事訴訟法で、一定の条件の下に証拠能力が認められる。供述調書。
※松川裁判について(1958)〈広津和郎〉「大塚弁護人が木村の供述録取書を取って置きましたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android