供述録取書(読み)きょうじゅつろくしゅしょ

精選版 日本国語大辞典「供述録取書」の解説

きょうじゅつ‐ろくしゅしょ【供述録取書】

〘名〙 被告人被疑者参考人などの供述を聞き取って作成した書面刑事訴訟法で、一定の条件の下に証拠能力が認められる。供述調書
※松川裁判について(1958)〈広津和郎〉「大塚弁護人が木村の供述録取書を取って置きましたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android